キレイになりたい人は何をすれば良いの?

美しくなりたい!

 

…と思うのは女性だったら当然ですよね。美人はそれだけで得ですから、いつの時代も女性は美を追究しています。

美女

 

でも、多くの人は美しくありたいと思っているわりに行動していないんですよね。

 

思っているだけでは人は変われません。年齢を重ねるたびに体重が増えてあちこちたるみ、シワは増え、髪はパサパサ…。

 

→スキンケアから改善してみる

 

加齢によって基礎代謝は落ちるし肌も乾燥が進みますから、当然といえば当然の成り行きなのです。

 

いつまでも美しい人というのは、生まれ持った性質だけではなく、陰ながら努力しているものです。

 

美人

 

本人に聞いても

 

何も特別なことはしていない

 

というかもしれませんが、彼女たちにとっては美しくあるために、

 

努力はして当然

 

なので、特別なことは何もしていないという答えになるのでしょう。

 

ここでは、キレイになりたい人がするべきことを具体的にご紹介していますので、参考にしてぜひ美人の仲間入りを果たしてくださいね。

 

姿勢の良い立ち方や歩き方を研究しよう

モデルさんは、生まれつきの体型など素質の面も大切ですが、それ以上に立ち方や歩き方の訓練をしているものです。

 

モデルさん

 

颯爽と格好良く闊歩しているから、洋服も見栄えがするのであって、あれがだらしない立ち居振る舞いだったら幻滅してしまうかもしれません。

 

普段自分がどんな格好で立ったり歩いているか、ショーウインドウや全身が映る鏡でチェックしてみてください。

 

全く何も意識していないと、変なクセが出てしまっていることが多いです。前かがみになって暗い印象で歩いたりしていませんか?左右のバランスが悪かったりしていませんか?

 

立ち方や歩き方をちょっと意識するだけで、あなたの印象は随分変わってきます。

 

最初は戸惑うことも多いかもしれませんが、キレイになるためには絶対に必要なことです。

 

スリムに立つ

 

猫背にならないようにお腹を中心にして胸を反り気味にすることや、膝と膝が離れないように意識することで、立ち居振る舞いはかなり変化します。

 

ダイエット効果も上がるので、美しさへの道のりを一歩前進したことになりますよ。

 

→ダイエットのあれこれを見てみる

 

毎日のスキンケアはきちんとしよう

疲れているからといって、お肌のケアを怠ったりしていませんか?

 

スキンケア

 

体は正直ですから、適当にしているとどんどん退化したり老化が進む一方です。

 

人間の体は毎日ちょっとずつ細胞が入れ替わっていますから、これに合わせて毎日継続してケアしていくことが重要なのです。

 

面倒くさいといって化粧を落とさないで眠ってしまったり、お肌の手入れを怠けていると、積もり積もって後悔するのはあなた自身です。

 

スキンケアする女性

 

何も高いスキンケア用品を使う必要はないのです。必ずしも値段が高い化粧品が効果が高いとはいえません。

 

自分が試して納得できたスキンケア用品を、継続することが一番のカギ。価格も含めて、長い期間続けられる商品を選ぶことからはじめましょう。

 

毎日少しずつ、焦らないでコツコツと続けることですよ。

 

→スキンケアから改善してみる

 

紫外線はお肌の大敵!紫外線対策でキレイになろう

紫外線は百害あって一利なし!

 

お肌のダメージの原因の多くが紫外線によるものです。

 

紫外線に悩む

 

でも、時と場合に応じたケアが大切です。最近はSPF50など強力な紫外線対策用の化粧品が出回っていますが、普段から強力なものを使っていると、それ自体が肌に負担になるケースもあります。

 

レジャーなど特別に日差しのキツい場所に行くなら必須アイテムではありますが、お肌のことを考えた適切な紫外線ケアをしましょう。

 

普段使いなら日焼け止めのSPF値は20で充分!?

SPF値が高ければ、それだけ紫外線を防ぐ効果が高いのは皆さん知っていますよね!?

 

SPF

 

SPFというのは、紫外線が皮膚に当たって日焼けが起きるまでに普通なら15分かかるところを、どのくらい遅らせることができるかの数値です。たとえばSPFが20ならば、通常よりも20倍遅くすることができるのです。同じようにSPF50ならば、紫外線を防ぐパワーが50倍あるということです。

 

でも、単純にSPF値が高ければ高いほど良いわけではないのです。紫外線を防ぐ力が強いほど、それだけお肌にかかる負担も強くなります。

 

実は、SPF値だけにこだわらずに、こまめに塗り直すことの方が重要だったりします。一般的な日常生活のシーンでは、SPF20程で充分でしょう。

 

サングラスをかけよう

紫外線ケアのアイテムはいろいろありますが、中でもサングラスはかなり重要です。帽子や日傘、スカーフなどで紫外線を防御していても、目から入ってくる紫外線によってメラノサイト(色素細胞、メラニン細胞)が刺激されると、皮膚が黒くなっていくというのです。

 

サングラス

 

サングラスは似合わないからと敬遠している人もいるでしょうが、そんな人はちょっと考え直した方が良いかもしれませんね。

 

そして、レンズが小さめのサングラスだと顔の横から紫外線が侵入してきてしまうので、

 

サイドまでカバーできる大きめのサングラスがベスト

 

です。

 

ちなみに、なるべく色が濃い方が良いのかというとそんなことはなく、普通が一番。色が濃いサングラスは、まぶしさは感じなくなる代わりに、周囲を良く見るために瞳孔が広がってしまうのです。
瞳孔が開くと余計に紫外線が目に入りやすくなるので、デザインも大切ですが機能面も考慮しながらサングラス選びをすると良いでしょう。

 

オーラルケアを丁寧にしよう

歯と口のケアを怠ってはいけません。オーラルケアに気を配っている女性はそれだけで素敵です。

 

オーラルケア

 

歯が白いだけで笑顔が数段輝いて見えるものですよね。歯が黄ばんでヤニがついているようでは幻滅です。同じように口が臭いだけで、その人のことを受け付けなくなってしまうことがあります。

 

食後は必ず歯磨きをするようにして、ニンニクなど臭いのキツいものを食べたり、お酒を飲んだ後にはしっかりとブレスケアをするようにしましょう。

 

白い歯

 

歯と口は、その人の清潔感が顕著に現れる場所です。普段キレイに対する意識がどの程度なのか、試されているといっても良いかもしれません。

 

清潔感は女性の株を上げることができる

 

重要なポイントです。モテるかどうかもこの清潔感にかかってくるといっても良いでしょう。

 

お肌のケアは完璧で化粧もぬかりなく、流行のファッションに身を包んでいても、歯と口元への配慮に欠けるとその全ての努力が無駄になるといっても過言ではないのです。

 

化粧を頑張ること

YouTubeなどでスッピンとメイクしたときの差が凄すぎる動画が載っていますよね。

 

メイクだけでここまで違う人物になれるのかと目を疑ってしまいますが、たとえ神業レベルになれなくても、かなりの線まで極められるのは確かです。

 

化粧メイク

 

雑誌を見れば流行の化粧法を勉強することができますし、ブログなどでもチェックすることはできますよね。インターネットで検索すれば、トレンド情報も簡単に手に入ります。

 

でも、流行をそのまま取り入れるのも良いですが、自分に似合っているかどうかが一番重要なポイントですよ。流行のテイストは取り入れて、自分なりにアレンジするのがベストです。

 

自分で勉強するのが難しいという人は、プロに教えてもらうのも良いかもしれません。メイク教室などもありますからね。

 

それから、いつも同じ自分流のメイクが崩せなくなっている人も要注意。ずいぶん昔から毎日同じメイクをしている人は、あまりに流行とかけ離れていると、野暮ったく感じます。ファッションやTPOに合わせて柔軟に化粧を変えることは必要でしょう。いくつになってもチャレンジする気持ちは大切です。

 

わざわざ自分からキレイになるためのチャンスを失ってしまわないように、好奇心旺盛でいることは重要。外見を美しく見せるためには、自分で自分をプロデュースしていきましょう。

 

それから、化粧が汚いのは絶対にNG

 

です。

 

化粧する人

 

せっかくつけまつげをしていても、目からはみ出ていたり、厚塗りしたファンデーションがシワの溝にクッキリはまり込んでいたり、マスカラが色移りして肌が黒くなっていたりと、汚い印象を与えるメイクは美人度を下げます。

 

汗をかきやすい夏場は化粧崩れしやすいので、たまに鏡をチェックして化粧直しするのはエチケットです。脂浮きが激しい人も、こまめに直した方が良いですね。

 

オーラルケアと同じで、清潔感は大切です。お化粧直しに歯磨きに身だしなみチェックなど、女性が化粧室でやることはたくさんありますね。

 

→スキンケアから改善してみる

 

チークは笑顔で入れよう

出がけに慌てていても、チークは必ずしておきたいですね。チークを入れるのと入れないのとでは、顔の印象がかなり違います。一瞬でくすみが消えて明るくなり、

 

立体感のある仕上がり

 

になります。

 

チーク

 

チークの入れ方は、笑ったときに一番高くなる「ほほえみポイント」を基準にします。この部分から頬の丸みに沿うようにして斜め上に伸ばしていきます。ニコッとしながらチークを入れて、「今日も笑顔で頑張ろう!」と念じると、きっとハッピーな1日を過ごせますよ。

 

ファッションを頑張ろう

大人の女性なら、時と場所に合わせてふさわしい洋服の選び方ができなければ一人前とはいえません。

 

ファッション

 

自ずとオフィスとプライベートでは着る服装が違ってきて当たり前ですが、職場ではより相手に対する気配りが必要になってきます。スーツを基本とした崩しすぎない服装で、

 

清潔感を大切にしましょう。

 

普段はどんな服を着ていても誰にも文句はいわれないかも知れませんが、やはり年齢にふさわしいファッションというものがあります。

 

極端な若作りは残念な印象を与える

 

という悲しい結果に…。

 

靴や洋服を選ぶセンスがないと思う人は、雑誌を読むようにすると良いですよ。自分の世代にあった雑誌の特集などを参考にして、まずは真似するのです。「今のマストアイテムはコレ!」というものを1着買って、手持ちの洋服と組み合わせたりすれば、街で浮きません。

 

ファッションおしゃれ

 

プチプラ特集などもあるので、上から下までお値段の張るコーディネートをする必要もないでしょう。

 

全身を3色以内でまとめたり、色のトーンを合わせるとまとまりやすいです。オシャレ上級者になったら、原色をアクセントにしたり、多色使いもできるようになりますが、はじめのうちは無難なスタイルで行った方が良いかもしれません。徐々にセンスは磨かれていきますよ。

 

外見だけじゃなく内面を磨こう

外見だけを取り繕っても、内面からにじみ出る美しさがなければキレイな人とはいえません。

 

内面

 

怒りっぽい人は眉間にシワがよっていたり、不平不満ばかりいっている人は口がへの字になっていたり…。精神的なものも美人であるかないかに大きく関わってきます。

 

寝不足も疲れた印象になりますし、暴飲暴食は肥満のもとです。生活習慣の改善も美人を作る要素です。

 

これから自分はどんな人間になりたいのか、それともこのままで良いのか、一度じっくり考えてみると、反省すべき点がたくさんあることに気づくでしょう。

 

言葉遣い

 

また、身なりはきちんとしていても言葉遣いが汚いと、やっぱり残念な印象になりますね。

 

普段から美しい言葉を話すように心掛ける

 

と美人度がアップします。正しい日本語の使い方を勉強する機会も作りましょう。

 

現代はストレス社会ですから、職場や家庭で不平不満が全くない人はいませんよね。誰しも少なからずストレスを抱えているものです。

 

女性はおしゃべりで発散する人が多いですが、スポーツすると身も心も軽くなるのでぜひ実行してもらいたいですね。ダイエット効果も期待できるし、心身両面から美しくなれます。

 

ホットヨガなども良いですね。

 

リラックス効果が高いですし、思ったより汗をかくことができます。

 

ホットヨガ

 

他にもウォーキングでも何でも良いんです。ブラブラ散歩するだけでも気分転換になりますが、姿勢に気をつけて颯爽と歩くとなお良いですね。

 

五感を活かして、感性を磨こう

自分の好きなことは大切にしてください。ややもすると仕事と家の往復だけで無気力になりがちな現代だからこそ、自分の内なる声に耳を傾けてください。

 

美術館

 

好きな音楽を聴くのも良いでしょう。映画館で涙を流すのも、美術館に行ったりするのも良いですね。身近な季節の風を感じるだけでも充分。

 

自分の感性の赴くまま、美しいものを見たり触れたり感じたり……。美味しい物を味わったり、好きなものに癒やされたり、あちこちアンテナを広げてみましょう。

 

五感をフルに使って感性を磨けば、あなたはきっと内側から輝くはずです。同時に深みのある人間にもなれますね。

 

キレイになりたいならエクササイズをしましょう

ダイエットは女性の永遠のテーマかもしれません。

 

ダイエット

 

でも、「痩せたいけど運動はしたくない」というのが世の女性のもっぱらの意見です。でもこれはやっぱり矛盾していますよ!

 

ダイエットは、単に体重を落とすことだけが大事なのではありません。引き締まったボディーを同時に手に入れられなければ、本当に成功したとはいえないのです。筋肉量が決め手ですね。最近は女性でも腹筋を鍛える人が増えてきています。

 

だから、エクササイズは必須です。男性にモテモテのメリハリボディーになるためには、普段のちょっとした行動を改善することからはじめましょう。徐々に運動量を増やしていって、美しい体を手に入れましょう。

 

 

エステ

 

どうしても運動が続かないという人は、エステに行ってみるのもいいですね。

 

いずれにせよ、毎日コツコツと運動を続けることが、美人への近道なのです。

 

→ちょっとダイエットしてみる

 

規則正しい食生活と栄養バランスに気を配ろう

美しくあるためには、健康でなければいけません。「健康美」という言葉もありますが、心身ともに健康でなければいくら外見をつくろっても意味がないのです。

 

バランス食

 

健康であり続けるためには、規則正しい生活と食事のバランスが大切です。いつもの食事を見直して、タンパク質や炭水化物、ミネラルやビタミンなどをバランス良く摂取し、いろいろな野菜や果物なども積極的にとるようにしましょう。

 

いろいろな食品をまんべんなく摂ることで、体が必要とする栄養素が補え、本来の意味での美しい体になれます。

 

キレイになるためには、ダイエットが一番だと思っている人が多いかもしれません。でも、早く痩せたくて食事を抜いたり減らしてしまうと、体に必要な栄養素まで不足してしまうのです。せっかく痩せても血色が悪くなって老けた印象になったり、リバウンドもしやすくなります。

 

バランス良く食事して運動することで新陳代謝が活発になり、体の細胞が若返って内側から美人が作られるようになります。

 

ストレス解消は美人への近道です

ストレスは体のさまざまな部分に影響します。

 

ストレス

 

ストレス過多になると、体の免疫機能が低下して病気に罹りやすくなったり、ホルモンのバランスが失われて自律神経にも悪影響を及ぼします。冷え性になったり、便秘になったり、いろいろな病気に罹ってしまったりと体の不調のほとんどがストレスに関係しているのではないかと思えるほどです。

 

体のあちこちの不調を抱えている人が、美人のわけはないですよね。キレイになりたかったら、

 

ストレスとの上手な付き合い方を学びましょう。

 

ストレス解消として、多くの方があげるのが「睡眠」です。

 

睡眠

 

質の良い睡眠は体や脳の疲れを取ることができるので、ホルモンや自律神経系も正常化します。

 

最近は枕元でスマートフォンをいじっている人も多いでしょうが、きちんとけじめはつけた方が良いですよ。安眠の妨げになります。また、食事をしてからすぐに寝ると熟睡できないので、なるべく夕飯は早めに済ませておいた方が良いでしょう。

 

禁煙して、お酒は控えめにしよう

手軽なストレス解消手段として、お酒やタバコに頼る人は多いです。

 

でも、さんざん言われていることかも知れませんが、タバコは百害あって一利なしです。

 

禁煙

 

わざわざ有害物質を体に取り込んでいるので、アンチエイジングの観点から見ても決しておススメできるものではありません。

 

本気でキレイになりたいなら今すぐ禁煙すべし!

 

お酒も適量なら良いですが、毎日結構な量を飲むという人は肝臓にかなりの負担をかけていることを自覚してください。将来的に生活習慣病を発症するリスクが高くなります。がんになってしまったら、美しさどうのこうのといっている場合ではありません。

 

キレイの基本は、まずは体が健康であることです。健康をないがしろにする生活は、美人になることを放棄してしまったのと同じことでしょう。

 

恋をしてキレイになろう

男女ともにいえることですが、恋をしていると輝いて見えますよね。

 

恋愛

 

女であることを捨てると、

 

一気に老けてオバサン化が進みます。

 

それでなくても年齢には勝てないのに、美しくなることを怠けていたら、本当に誰も見向きをしなくなってしまうはず。
どんなときでも異性の目は気にしていた方が良いでしょう。

 

結婚している人に不倫をしろといっているのではありません。異性に対するちょっとしたトキメキを持ち続けるだけで良いのです。夫婦仲良くいつまでもラブラブでいられるように努力するのも素敵なことですね。

 

恋愛

 

職場や趣味の活動なんかで一緒になる異性と、疑似恋愛しているように感じてみたりするのもひとつの方法です。もちろん、今フリーで本物の恋ができるならそれに越したことはありません。女性ホルモンがたくさん分泌されてキレイになること間違いなし!

 

髪型やファッションにも気を使うようになって、女子力が高くなるでしょう。

 

常に異性や物事に関心を持ち、身も心も輝く女性でありたいものですよね。

 

→出会いが欲しい・恋がしたい

 

キレイは毎日コツコツと作られる

綺麗であるということは、内側と外側からのアプローチが必要です。

 

メイクやファッションは完璧でも、猫背で歩いていたり、性格が悪かったり言葉遣いが乱暴だったりしたら、一気に魅力がなくなってしまいます。

 

綺麗

 

美人である要素のうち何かひとつでも欠けると、途端にキレイでなくなってしまうのですね。

 

外見を取り繕う人は多いですが、見た目だけが美人を決める要素だと思っていると痛い目にあいます。内側も外側も総合的にみて、美人であるかどうか判断されているのです。

 

それから、綺麗になるためにはコツコツとした努力が大切です。決して焦らずに、地道に努力を重ねることがポイントです。

 

努力が綺麗の源

 

1週間や1ヶ月ですぐに効果がでると考えずに、年単位でみたときにどう変わっているか自分の生活を客観的に考えることも必要でしょう。

 

スキンケアでも食生活の改善でもエクササイズでも何でもそうですが、ちょっとずつ継続することが全てのカギです。小さな努力を続けていれば、きっと1年後には驚くほど美しくなっているはずです。

 

美人になりたければキレイな人を参考に

美人とそうでない人の違いをハッキリ知っておくことは重要でしょう。容姿だけの話ではなく、性格などの話も含めて考えてください。

 

美人との綺麗の差を考える

 

生まれつきの容姿は、いくら着飾ったところで変えることはできませんが、現実を悲観してばかりではますます美しさから遠ざかってしまいます。

 

自分のどこが美しくないのか、現実を直視した上で適切に対処していくことが重要です。本当に素のままで美人な人はいません。自分磨きを怠らず、常に女性としての魅力を高める努力をしていきましょう。その努力が実ったとき、欠点が個性に変わって輝き出すのです。

 

現代社会は美人になりたい人ばかり

「とにかく美人になりたい!」

 

切実な願いですよね。キレイになることに毎日必死な人ばかりです。

 

なぜって、美人はモテるから。いろいろ得をするから。

 

美人は得だ

 

美人やイケメンはとにかくモテまくります。みんなにモテるということは、人生のさまざまな場面を楽勝で過ごせることに他なりません。

 

日常生活のさまざまな場面で、男性におごられたり、運命の出会いがあったり、プレゼントされたり……。

 

外見が良い人は、恋愛や就職、仕事、プライベートなど全ての面において好都合です。美人なら何をしてもほめられるし、いるだけで重宝されます。失敗してもけなされることもないでしょう。

 

お金の面でも、

 

美人やイケメンだと生涯賃金で1億円も得をするといわれているくらい

 

です。そんなに凄いのって思わず絶句してしまいますよね。

 

美人が1億で驚き

 

何らかの恩恵を受けていて当然という感じですから、あながち間違った数字でもないのでしょう。

 

あんまり美人だと、周りからチヤホヤされすぎて本人にとってはウザくなることもあるでしょうね。いい加減、モテるのがイヤになるかもしれません。

 

でも、そんな悩みがあったとしてもやっぱり美人になりたいのです。心の底から綺麗になりたいのです!それが女心というものでしょう。

 

人は見た目が8割?いや9割です!

一般的には人の見た目は8割といいます。

 

付き合いが長くなれば多少改善される部分もあるのでしょうが、現実的には

 

パッと見で印象の9割が決まるはず

 

です。

 

第一印象がキレイな人というのは、かなりみんなの注目を浴びますよね。

 

キレイな印象

 

宝石や車などの高級品と一緒にするのは何ですが、人間はキラリと光っているものが本能的に好きなのです。なかなか手に入らなければ余計に欲しくなってしまうのも世の常です。

 

ただし、美人の定義には個人の主観的な部分が入ってくることは確かです。同じ人を見てキレイだと思う人もいるし、それほどでもないという人もいるのは良く体験することですね。

 

だから、みんながモデルを目指す必要性はないはず

 

でも、「美人になりたい!もっとキレイになりたい!」というのはみんなの共通の願いでしょう。改めて口に出して言わないだけで、実は陰でコッソリ努力していますよ。

 

現代の美人やキレイな人の特徴とは?

みんなの憧れの「小顔」は、美人の絶対条件!

美しい人はみんな小顔ですよね。

 

顔と体のバランスがあるので、小さいだけが良いわけではありませんが、現代人なら小顔に憧れるのは当然です。

 

きれいな人は小顔

 

以前流行った美顔ローラーで、毎日顔をコロコロしていた人も多いのではないでしょうか。

 

なかなか効果がでなかった理由は、

 

「小顔になるためには、顔の輪郭を引きしめて、なおかつ美白することが大切」

 

だからです。

 

顔やせするためには、フェイスラインのたるみだけを引きしめれば良いのではなくて、身体全体が痩せることも大切です。全身に付いてしまった余分な脂肪をシェイプアップする必要があります。

 

そして、単に痩せれば良いというわけではなくて、運動して筋力もつけながらダイエットしないとカッコ良くなれません。

 

→そろそろ痩せてみますか

 

パッチリした二重まぶたは美人の必須ポイント!

二重まぶたで目がパッチリしていると、それだけで美人ですよね。

 

芸能人などを見てもみなさん目が大きいです。

 

パッチリ二重

 

最近のプリクラは、デカ目に加工できるようになっていて、写真の上ではだれでも大きくハッキリした目に見せることができます。

 

現実的にも、アイプチで形状記憶できるものが出てきて、手軽に二重まぶたにすることができます。プチ整形で二重にする人も多いですね。

 

カラーコンタクトでも目を大きく見せるタイプの商品が出回るようになりました。

 

目は口ほどにものをいいますから、いろいろ工夫して目力をアップし魅力的な女性になりましょう。

 

→ちょっとプチっと整形してみるとか?

 

美人はエステティックライン(E-ライン)が整っている

E-ラインとは、キレイな横顔に見えるかどうかを決めるラインのこと。横を向いたときに、鼻の頭とアゴを結ぶ線の間に口元があるかどうかがポイントです。

 

美人はEラインが整っている

 

E-ラインが整っていると文句なしに美人に見えます。

 

もし口元が前に付きだしたようになっていても、歯並びを矯正することで良くなることはあります。

 

でも、E-ラインのバランスは持って生まれたものですから、自分の努力でどうにかできるものではありません。どうしてものときは美容整形という手段もあるでしょうが、美人のひとつの条件であるととらえておけば良いでしょう。

 

横顔が素敵ならなお良いですが、正面からの顔の方が重視される傾向があります

 

ちなみに、鼻を高くするとE-ラインが整いやすいです。整形とまでいかなくても、意識的に鼻を高くすることはできますよね。写真を撮るときなどに鼻を高くしてみると良いかもしれません。でも、余計に変な顔にならないように注意してください。

 

→整形まではいかなくてもプチくらいは

 

ツヤツヤでサラサラな美髪がポイント

昔から髪の毛は女の命!

 

スキンケアももちろんですが、ヘアケアを怠ってはいけません。美人はみんな手入れの行き届いた髪の毛ですよね。

 

髪は女の命

 

顔と並んで、髪型や髪質は見た目の印象を大きく変えるポイントです。

 

ヘアスタイルや色などにこだわって、白髪があればカバーして、トリートメントなどで充分に潤いを与えてサラサラツヤツヤな美髪を目指しましょう。

 

透明感のある素肌を目指そう!

スキンケア用品は星の数ほどありますね。それだけ美肌にこだわりを持つ女性が多くいるということです。

 

お肌がキレイだと文句なく美人に見えます。でも、必ずしも白いだけが美しいわけではありません。外国人セレブのように小麦色の肌をしていても美人だと思う人はたくさんいます。

 

透明感がキレイを決める

 

美白にこだわりを持つのも良いのですが、もっと重要なことは

 

「肌の透明感」を出すこと

 

です。お肌の質感が大切なんですね。

 

肌の色は個人差もありますし、真っ白が良いわけでもありませんから、色にこだわるよりもキレイで健康的な「透明感のある素肌」を作っていく努力をしましょう。

 

透明感のある美肌を目指すためには、毎日の継続したスキンケアが大切です。そして、外側からケアするだけでなく、内側からのケアも重要。

 

お肌の細胞は毎日新しく生まれ変わっています。このターンオーバーを正常化させるために、食べ物に気を使うことが必要になってきます。

 

→そろそろ本格的にスキンケア

 

背が高くてスリムなのが美人の条件

美人は背が高い人が多いですよね。背が高いと美人に見えるというのもあります。

 

キレイな人はモデル体型

 

キレイな人は身長がだいたい160p以上はあるでしょう。150p台の人はかわいらしいという印象を受けますね。

 

同じ身長でも、ヒールを履けばその分身長が高く見えますし、脚も引き締まってより背が高く見えるようになります。

 

普段からスニーカーやジーパンしか履かないで脚を隠していると、脚も太くなってしまいます。スカートをはいて脚を見せることで、

 

みんなに見られてるという意識から脚やせにつながるのです。

 

ヒールを履いたりダイエットで脚やせをして、より美人度をアップさせましょう!

 

まるで子鹿のような細い脚

「あの人キレイだね、美人だね」

 

といわれる人は、みんなスリムです。体型が細いと背が高く見えますし、脚も細く見えます。

 

細い脚

 

モデルや芸能人を間近で見たことがある人は知っているでしょうが、とにかくみんなスリムです。お人形さんみたいで、子鹿のような脚をしています。

 

ちょうど良い大きさの美乳

バストの悩みを抱える女性も多いですよね。

 

大きいだけのバストじゃ意味がない

 

胸は女性らしさの象徴のようなところがありますから、その悩みも深いのです。

 

痩せている人は胸が小さくて悩むこともあります。でも、単に大きければ良いというわけでもないのです。

 

胸が大きいとセクシーという印象は強いですが、美人とはちょっと意味合いが違ってきます。ほどよい大きさと形の胸が理想ですね。

 

→きれいなバストに憧れて

 

魅力的な色気のオーラが出ている

モデルや芸能人などから出ている独特のオーラを感じることもあるでしょう。

 

身近にいる美人からも特有のオーラが出ていると思いますが、アレの正体は「女性ホルモン」です。

 

女性の色気

 

女らしさを上げるサプリメントとして楽天市場で大人気の「プエラリア」というサプリメントがあります。ランキングで何年も1位を独走している話題の商品です。

 

プエラリアは植物由来ですが、コレを飲むと

 

女性ホルモンの分泌が良くなり、魅力的なオーラがあふれ出てくる

 

のです。メディアなどで見たことがある人もいるでしょう。

 

女性ホルモンをアップさせる食べ物などもいろいろありますが、プエラリアが気になったら試してみても良いかも知れません。

 

爪のお手入れも欠かさない

キレイな人はネイルをしていることが多いです。

 

爪のお手入れも万全です。マニキュアがはがれているなんてことは絶対にありませんものね。

 

美人は爪のお手入れまで念入り

 

スキンケアやヘアケアなどに時間がかかるので、どうしても爪のお手入れは後回しになりがちですが、細かいところにまで気配りを忘れないのが美人になるコツです。

 

手や爪は意外と目立つパーツです。好感度をアップさせるポイントでもあるんですね。

 

定期的にネイルサロンに通っている人もいるでしょうが、普段のケアはある程度自分でして、何かイベントがあるときなどに利用した方が経済的です。

 

仕事上マニキュアをできない人もいるでしょうが、ハンドケアだけでもきちんとすると印象が全く違いますよ。

 

美人は良い香りがする

キレイな人は、良い香りを身にまとっています。

 

恋愛心理学の調査では、良い香りだと感じた女性とそうでない女性を比べると、男性は良い香りの女性を3倍もキレイだと思うそうです。

 

いい香りのする女性はきれいに見える

シャンプーなどのナチュラルな香りを好む男性も多いでしょうが、香水をうまく利用するのも良いアイデアですね。いろいろな香りつきの柔軟剤が流行っているのは、これと無関係ではないかもしれませんね。

 

モテ度アップのために、香りを上手に使いましょう!

 

キレイな唇をしている

思わず「キスしたくなるような唇」と表現することがありますね。

 

異性へのセックスアピールにもなる唇ですが、ココがキレイかどうかでかなり印象が変わってきます。

 

唇、口元もキレイに

 

唇は、体の機能的にはものを食べるための器官として存在しているのですが、話をするときには目と同時に相手の口元を見ることが多いです。

 

日常会話でコミュニケーションするときに、唇の状態が悪いとイメージが悪くなります。歯と同じように

 

口元のケアは美人の条件

 

だといって良いでしょう。

 

唇がキレイかどうかでモテ度も変わってきますから、手抜きはできないですね。

 

お金をかけずにキレイになろう!

女性なら誰だって美しくなりたい!

 

でも、キレイになるにはとってもお金がかかります。手間暇かけてお金をかけて、女性であり続けることは本当に大変ですね。

 

キレイな大人の女性になりたい

 

美容院に行って洋服を買ったり化粧品をそろえたり、何かと出費は多いですが、ほんの少し工夫するだけで経済的な負担にならずにキレイをゲットすることができるんです。

 

朝起き抜けの1杯の水と朝食を摂ること

朝起きてまずすることは、コップ1杯の水を飲むことです。冷たい水はスッキリとしますが、体を冷やしてしまうので常温の水を飲むのが一番です。

 

朝一の水は重要

 

睡眠中は知らないうちに汗をかいています。濃くなった血液を水を飲んで薄めることで、血液循環が回復します。結果的に老廃物が体の外へ出やすくなります。

 

また、朝食を摂らないと体がなかなか活動する体制に入ってくれません。エネルギー不足になってお肌に必要な栄養成分も運ばれないので、肌荒れの原因になることも良くあります。

 

時間がないときはシリアルやバナナだけでも良いんです。

 

バナナは便通を良くする効果もあって栄養タップリですし、シリアルはビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

 

美肌・美白のための栄養成分を摂ること

スキンケアの重要性はいうまでもないですが、お肌の細胞が作られるための栄養素を積極的に食事に取り入れることはとても大切です。外側と内側の両方のケアが必要だということです。

腸内環境を整えましょう

 

最近、腸内環境の善し悪しがその人の健康状態を決めるといわれて話題になっていますが、

 

美人も腸から作られるといっても過言ではない

 

でしょう。

 

高価な化粧品を買うのも良いですし、さまざまなサプリメントを取り入れるのも良いでしょうが、まずは自分の食生活を見直してみることが先決かもしれません。

 

ストレッチで全身をほぐそう

血液やリンパの流れが滞っていると、老廃物が身体に貯まってしまいキレイを維持することができなくなります。全身をほぐすために軽くストレッチしてみましょう。

ストレッチが有効です

 

大げさなことはしなくても、首や肩を回したり、背伸びをするだけでも違いますよ。

 

口角をキュッと上げよう

いつも笑っている人と、不機嫌そうにしている人。どちらが好感度が高いかって、聞くまでのことじゃないですよね。

 

最初は作り笑いでも、笑顔を作ることで逆に脳が反応して気持ちが明るくなってくることも証明されています。

 

笑顔は人を引きつける

 

笑顔が素敵な人は、それだけで輝いて見えます。そして、笑顔は連鎖するのです。

 

自分が楽しくなるだけではなくて、周囲にいる人もつられて楽しい気分になります。

 

隣にいて楽しい気分にさせてくれる人には条件なしに好ましい感情を抱くので、さらにみんなに笑顔が広まっていくという好循環になるのですね。

 

リンパマッサージをしよう

知らず知らずのうちに体内にたまった毒素や老廃物。これをリンパマッサージによって体外へ排泄することでデトックス効果が高まります。

 

セルフでリンパマッサージ

 

だれでも簡単に行うことができますから、ちょっとの時間を見つけて実践してみましょう。美容やダイエットに効果がありますし、セルライトやむくみの解消や、脚やせ、小顔にも効くんです。

 

お肌をキレイにしたい人がやるべき3つのこと

1.保湿
2.睡眠
3.食事

この3つは、お肌をキレイにしたいと願っているなら、押さえておかねばならない重要なポイントです。

 

女性ならば誰もが美しいお肌に憧れるはず。若々しく潤いがある肌は、それだけで自信につながりますね。

 

お肌をキレイにするためには

 

お肌には保湿がとても大切で、充分な睡眠とバランスの良い食生活も欠かせません。

 

正しい洗顔法やスキンケアの基本もポイントです。

 

これから、美しいお肌を手に入れるためにしなければいけない洗顔やスキンケア、睡眠、食事についてご紹介していきます。

 

今までの自己流の方法が間違っていたならば、ぜひこの機会に見直して透き通るような美肌を手に入れてくださいね。

 

洗顔とスキンケアの正しい方法とは?

正しい洗顔のやり方は、

1.洗顔は朝と晩の2回
2.良く泡立てて、ゴシゴシ洗わずに泡のかたまりを顔全体になじませるようにして洗うこと
3.30℃から35℃のぬるま湯を使って、手でパシャパシャと洗い流す(シャワーは使わない)

の3つです。

 

この基本を守ることが第一条件。

 

基礎化粧品は流行で選んだり新商品だからと飛びつくのではなくて、自分のお肌の状態をよく観察して選ぶことが重要です。

 

肌の観察も忘れずに

 

季節によって肌質が変わるならば、年間を通して同じ化粧品を使うのは止めた方が良いでしょう。その時々に応じて使い分けることも大切です。

 

特別なケアをするわけではなくて、基本を守って日々継続することがカギ。

 

長い期間焦らずにコツコツと続けるうちに、気がついたら美肌になっていることでしょう。

 

洗顔はネットで充分に泡立てて使うこと

泡立てネットでソープを充分に泡立てると、弾力性の高い濃密な泡ができます。

 

ネットで泡だて

 

ふんわりとした泡の力で洗顔すると、直接手が肌の表面に当たらないので摩擦を防ぐことができるのです。

 

泡で優しく洗うことで、古くなった肌の角質がとれてクリアな透明感のある肌になっていきます。

 

手で泡立てるよりも泡立てネットを使った方が時短になりますし、空気が冷たい冬場でも簡単に泡立てることができます。

 

クレンジング剤はクリームタイプのものを選ぶ

オイルクレンジングをしている人は多いでしょう。ウォータープルーフのマスカラをつけたり日常的にガッツリメイクをしている人は、なかなか落ちないのでついオイルでクレンジングしたくなりますね。

 

クレンジングはオイル?

 

でも、オイルタイプのクレンジング剤は、洗浄力は高いですが肌にかかる負担が強いのです。クレンジングクリームの方がお肌に優しいので、洗った後の保湿効果にも優れています。乾燥肌や肌トラブルが起きやすい人は、クリームタイプを使った方が良いでしょう。

 

クリームタイプのクレンジングでは落ちにくいという場合は、メイクとクレンジング剤が良くなじんでいないのかも知れません。充分に乳化させてから洗い流すようにしてみましょう。

 

クリームタイプでクレンジング

 

寒い季節だとクリームが固まってしまうので、ちょっと手の平の上で温めてから顔に塗っていくのがポイントです。水が入らないように注意しながらバスタブのふたの上に乗せておいたりして、ちょっと温めてから使うとメイクとなじみやすくなりますよ。

 

肌が本来持っている力を引き出そう

当然のようにスキンケアは毎日していますよね?化粧水や乳液、美容液、クリーム、パックとライン使いしている人も多いでしょう。

 

フルラインでのスキンケア

 

でも、過剰にスキンケアするのは、お肌が本来持っている「キレイになろうとする力」を衰えさせることにもつながるのです。

 

たいていの女性は、洗顔したら保湿しますよね。化粧水やパックなどでスキンケアをしますが、肌がやろうとしている前にケアしてしまうのは、

 

本来の肌を潤す力を甘やかしていることでもある

 

のです。試しに洗顔後に何もつけないでいたらどうなりますか?きっと乾燥してツッパリ感があるでしょう。これは、いつも通りに保湿してくださいと肌が甘えている状態なんです。肌機能が衰えてきているのを実感できたでしょうか。

 

毎日当然のようにお世話してきたのだから仕方ないかもしれませんが、たまには肌が本来持っているパワーを引き出すために「スキンケア断食」が必要なのです。

 

スキンケアを断食しちゃう?

 

いわゆるショック療法みたいなものです。週末はあえて何もしないで過ごすのです。スキンケア断食で、肌自体が持っている内側からキレイになる機能を再びよみがえらせてください。

 

スキンケア断食のやり方

「洗顔してお肌の水分をふきとったら、何もしないで放置する」

 

これだけです。

 

毎日入念に肌のお手入れをしてきた人ほど、最初は乾燥が気になるはずです。いつものようにツッパリ感があったら「すぐに化粧水をつけなきゃ」と慌ててしまう人もいるかもしれませんが、そこはグッと我慢です。

 

スキンケア断食は継続すること!

 

週末のスキンケア断食を続けているうちに、何もしなくてもちょっとずつ皮脂や潤いが感じられるようになってきます。お肌にちょっとしたパニックを起こさせて肌がもともと持っている機能を復活させると、水分と油分のバランスが整ってきて、肌トラブルも解消されるケースがあるのです。

 

化粧をしない日を作ろう

メイクをしてクレンジングするということは、実はかなりお肌に負担をかけています。たまには、本当に何もせずにスッピンで過ごす日を作りましょう。

 

すっぴんでキレイを手に入れる?

 

保湿方法を見直してキレイになる!

お肌の保湿をするということは、スキンケアの基本ですね。乾燥すると、毛穴が開いたり透明感がなくなったりしますし、敏感肌になって赤みや痛みが出ることもあります。

肌の赤みと毛穴汚れ

保湿が大事なのは分かっていても、忙しくてパックをする時間もないという人も多いでしょう。日常的なスキンケアに加えて、手軽にできる保湿対策をまとめてみましたので参考にしてください。

 

部屋を加湿しよう!

毎日のスキンケアだけではやはり限界があって不十分です。

 

ずっと肌の保湿のことだけ考えて生きているわけにもいきません。

 

加湿器で保湿

 

お肌が乾燥しないようにするためには、加湿器を使うのが一番ですが、なくてもいろいろな方法で代用できます。

 

手軽な乾燥対策法

1.洗濯物を部屋干しする
2.冷房するときはエアコンの送風口近くに洗濯物や濡れタオルを掛けておく
3.暖房はエアコンではなく、ストーブにして上にヤカンを乗せる
4.浴室のドアを開けっ放しにする
5.観葉植物を置いておく

部屋全体を加湿できないときは、マスクなどで部分的に乾燥を予防することもできますが、こすれて肌に負担がかかる場合もあるので注意しましょう

 

フェイスパックをしよう

マッサージをしてお肌に負担をかけたり汗をかいたりした後には、充分に保湿ケアをしましょう!ちょっとゆっくりできる休日は、パックをする絶好のチャンスですよ。忙しい人も時間をスキマ時間にトライしてみてくださいね。

 

パックで保湿

 

週に1回パックをするかしないかで、その後の1週間の肌の調子がずいぶん変わってきます。パックは家事をしながらでもできますし、寝転がったりTVを見ながらでもOK。息抜きしながらスキンケアしましょう。

 

リッチなパックがオススメ!

「炭酸ガス」や「ヒアルロン酸・プラセンタ」のパックがオススメです。週に1度なので、ちょっと贅沢な気分になりましょう。

 

高級パックでリッチケア

 

ちょっと高めの商品を選んでも、エステサロンに行くよりはずっとリーズナブルです。1週間頑張った自分へのご褒美に、お肌にタップリ染み込ませてください。肌も心も潤いますよ。

 

パックするときの注意点とは?

長ければ長いほど効果があると思ったら大間違い!

 

長時間つけているとかえってお肌の水分が蒸発してしまいます。説明書に書いてあるとおりに、5分から10分で充分です。

 

お肌がキレイになる時間に合わせて睡眠をとる

肌にはゴールデンタイムがあります。

 

名前くらい聞いたことがある人は多いでしょう。午後10時から深夜の2時までが、ゴールデンタイムです。

 

ゴールデンタイムはしっかり眠る

 

この時間帯に合わせて、毎日規則正しく充分に眠ることが大切です。

 

ゴールデンタイムは、成長ホルモンがたくさん分泌される時間帯です。成長ホルモンは体の細胞の補修を促してくれます。

 

キレイなお肌でいるために、睡眠は必要不可欠です。睡眠不足の翌朝、肌の調子の悪さにガックリしないように、遅くとも深夜0時には就寝しましょう。

 

食事でお肌をキレイにしよう

お肌がキレイになる食事の仕方は、基本的に腹八分目です。食べ過ぎは良くありません。

 

食べ過ぎ厳禁

 

食べ過ぎ飲み過ぎは胃腸に負担がかかって、肌トラブルや体のさまざまな不調の原因になります。老化を促進することもあるんです。

 

5大栄養素といわれている「タンパク質」「炭水化物」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」をバランス良く摂取することが大切です。

 

中でも、お肌に重要な栄養素はタンパク質・ビタミン・ミネラルです。

 

人間の体のほとんどはタンパク質で構成されていて、お肌も同じようにタンパク質からできています。肌を作るために欠かせない栄養素です。

 

ビタミンの摂取をしっかりと

 

ビタミンAやビタミンB群は、肌のターンオーバーを促進させて、肌細胞が新しく生まれ替わるのを助けてくれます。同時に乾燥も防いでくれます。

 

ビタミンCは、コラーゲンと同時に摂取することで吸収率がアップします。

 

ビタミンEは、抗酸化作用があり、血液循環を良くしてくれます。アンチエイジング効果があります。

 

低カロリーで高タンパクな食事をして、体の中からキレイなお肌になりましょう。

 

生活習慣改善でキレイなお肌に!

お肌がキレイになるためには、毎日の生活習慣も大事です。

 

タバコを吸っている人は、今すぐやめる努力をしましょう。肌荒れの一番の原因です。

 

タバコは絶対ダメ

 

女性でもそうですが、男性でもタバコを吸う人の肌はくすんで荒れていることが多いですね。白髪が目立つこともあります。

 

タバコを吸うと、確実に見た目年齢は上がってしまいます。

 

でも、タバコを止めて生活習慣を見直せば、また元のようにキレイな肌の状態に戻すことができます。

 

その理由は、人間には自浄作用が備わっているからです。自ら健康になろうとする力が働くのです。

 

今までタバコを吸っていた人も、今から止めればまだ間に合います。もう一度キレイなお肌になりませんか?

 

入浴法でキレイになる!

半身浴をしよう

お肌のためには、しっかりと湯船につかることです。平日は睡眠優先でシャワーのみで済ませてしまうという人も、休日はゆっくり湯船につかるようにしてください。

 

半身浴をしましょう

 

夜だけでなく、昼間からゆっくりお風呂に入るのも良いですね。

 

血液の巡りが良くなるのでお肌のくすみがとれて透明感がでてきますし、ゆっくり汗をかくことで毛穴がキレイになります。

 

オススメは39℃から40℃くらいのぬるめのお湯に、アロマキャンドルをともす方法。好きな入浴剤を入れても良いでしょう。

 

ラジオや音楽を聴いたりテレビを見たりしてリラックスします。読書するのも良いですね。まさに至福の時間といったところでしょうか。身も心も洗い流されて生まれ変わった気分になれますよ。

 

長湯するときの注意点とは?
入浴の前後に水分補給を忘れない
たまに換気をして新鮮な空気を取り入れる

 

いつもシャワーで済ませている人が急に長湯をすると湯あたりする場合があります。
また、脱水症状には気をつけてくださいね。

 

半身浴から上がったらすること

「お肌についた水滴や汗は早めに拭き取りましょう!」

 

濡れたままの状態で長く放置していると、お肌が乾燥してしまいます。

 

半身浴から上がったら

 

あえて外出しない休日を作って、ゆっくりと半身浴を楽しみましょう。温泉に行くのも良いのですが、人目を気にせず好きなことをできるのは自宅ならではですよね。

 

体や心に良いことはお肌にとっても良いことです。日々のストレスから開放されて、心の底からリラックスできる時間を持ちましょう。

 

顔面マッサージでキレイを作る

半身浴をして身体全体が温まったら、顔のコリをほぐすマッサージをしましょう。キレイな表情は美人の大切なポイントです。

 

顔面マッサージは気持ちいいにゃ〜

 

パソコンやスマホを使っているときは、たいてい無表情になってしまいますよね。顔の筋肉がこり固まってしまい、怖い顔になっていますよ?!

 

顔の筋肉がこり固まるとどうなる?

ズバリ「フェイスラインがたるんで、シワやほうれい線が目立つ!」

 

一気に老けた印象になってしまいます。前かがみでスマホをいじりすぎるとオバ顔になるんです。

 

スマホのいじりすぎはシワのもと

 

休日のちょっとノンビリできるときだけでも、クリームやオイルで顔のマッサージをしましょう。こり固まった表情筋がほぐれて、パッと見たときの印象がずいぶん変わってくるはずです。

 

ちなみに、マッサージするときは、肌を強くこすったり押したりしてはいけません。しわの原因になります。

 

「優しく丁寧に、軽くゆっくりと」

 

マッサージしてくださいね。

 

お風呂場で保湿しよう

たいていの人が、夜メイクを落として入浴して、洗面所や化粧台で化粧水などを塗っているでしょう。

 

そのスキンケアを浴室内で済ませることで、より保湿効果が高くなります。

 

お風呂で保湿

 

お風呂に入った後のお肌はキレイになっていますが、皮脂も取れた無防備な状態になっていますから、すぐに保湿してあげないと乾燥してしまいます。

 

お風呂場は湯気で湿気がありますから、乾燥を防ぐことができるのです。一石二鳥ですよね。

 

お風呂に入って洗う順番は人それぞれかも知れませんが、

 

洗う順番を工夫すると効率良くスキンケアできます。

 

まず髪の毛を洗って洗顔もします。その後顔の水分を拭き取って化粧水をつけておくのです。メイクオフとスキンケアを先に済ませておいてから、体を洗ってバスタブにつかるのです。入浴している間に汗をかいたら、拭き取ってまた化粧水をつければOKです。

 

お風呂で化粧水

 

お風呂場で体を拭いているときに乳液などをつければ、部屋の中に出て行っても乾燥することはないのです。

 

綺麗になりたい女子に贈るまとめ

「何で私は美人に生まれなかったんだろう」

 

と親を責めている人はいませんか?

 

だれでも、生まれつきキレイな人を見て羨ましいと感じたことがあるはず。私もそうです。1度や2度じゃありません。

 

でも、もともとキレイだった人ばかりじゃありません。街で見かけたあの人やこの人は、きっと陰で努力しているのではないでしょうか。

 

美人は努力を惜しまない

 

ダイエットに励んだ人もいるでしょうし、毎日のスキンケアを怠らず、メイクも勉強して髪の手入れも入念に……。いろいろ努力した結果が美人を作っているのですね。

 

美人になるのは簡単なことではありません。

 

でも、

 

思っているだけでは何もはじまりません。

 

最初の一歩を踏み出してしまえば、後はスムーズにいきます。キレイになる習慣作りが一番大切なのでしょう。継続は力なりですよ。